批判しない映画感想ブログ【やさしいえいが】

映画感想【(500)日のサマー】ネタバレあり 決して辛い映画ではないと思う理由

500日のサマーの写真

こんばんは。
映画「(500)日のサマー」を観ました。


冒頭でいきなり「恋物語ではなくボーイ・ミーツ・ガール」とナレーションが入る通り、TSUTAYAのラブ・ストーリー棚の他の映画とは少し雰囲気の異なる映画でした。
またボーイとガールの行く末だけでなく、時系列がシャッフルされて進んでいき、進展したと思ったら次のシーンでは主人公が暗い顔をしていて……と、演出の面でもおもしろいです。
とはいえついて行けない程でもなく、むしろテンポよく次に次にと進んで最後まで目を離せない傑作です。

感想部分ではネタバレを含みますので、少しでも気になった人はまず本編から。

予告/あらすじ/キャスト

予告編動画


あらすじ

グリーティングカード会社で働いているトムは、地味で冴えない毎日を送る青年。
そんな彼はある日、秘書として職場にやってきたサマーに一目惚れしてしまう。
会社のパーティーの帰りがけに、トムはサマーに好意を寄せていることを告白するのだが、サマーは「友達になりましょう」と言うだけだった。徐々に”親密に”なる二人だったが、トムの期待に反してサマーは「真剣に付き合う気はないの」。
トムは、不本意ながらも「気軽な関係でいいよ」と返事をするしかなかった。

あらすじ書くのも難しいです。
“親密に”が結構重要ですね。

キャスト

ジョセフ・ゴードン=レヴィットとズーイー・デシャネルの写真

  • トム - ジョセフ・ゴードン=レヴィット
  • サマー - ズーイー・デシャネル

ジョセフ・ゴードン=レヴィットの見た目が好きです。
彼のやわらかい喜怒哀楽の表情が、本作の雰囲気に合ってました。

ズーイー・デシャネルは青い眼が特徴的な美人。
彼女が演じるサマーは自分の芯を持ち、同時に少し浮世離れした雰囲気を感じます。

注意
以下ネタバレを含みます

(500)日のサマー 感想

辛いストーリーではない

青の写真
この映画のすごいところは、トムとサマーは決してポジティブな終わり方をしていないのに、恋愛(トム視点)の楽しさと辛さをすべて合わせた上で、視聴後にはまた恋したくなるような気がすること。


トムは最後までサマーに振り回されてしまいましたが、あの感覚は失恋を経験した人なら誰でも覚えがあるのではないでしょうか。
特に初めて人を好きになって、付き合うまでは行けたけど何もできずに終わってしまった……みたいな苦い思い出を思い出した人も多いかと。

観ているときは、主人公であるトムに感情移入して、サマーと幸せになってほしい……と思っていましたが、終わってみれば友達の昔の恋バナを聞いたような感覚。
後から笑い話にはなるけれど、トムにとって納得できない部分はいつまでも残るような、青春の1ページ(500ページ?)を観たような爽やかな映画でした。


そして最後には、新たなヒロインが登場。
このラストシーンで、ひとつの恋が終わって少しだけ成長したトムのこの後を想像させるような、余韻のある終わり方。
サマーと終わって暗いまま終わり、ではなく、新しい恋に向かう明るい終わり方が良かったです。

ただ、名前がオータムって憎いネーミングですよね。名乗ったとき笑っちゃいました。
いや、そもそもサマーっていうネーミングも、誰にでもあるひと夏の思い出を想起させて憎いんですけれど。

オータムはそれ自体の意味でなく、単純にサマーの次という意味で関連付けることで今度も(500)で終わってしまうのか、サマーの経験を活かして次に行けるのかまで考えさせていると思います。
トムとオータムも気になるなあ。


(1)。

幸せの青い…

青い鳥の写真
この映画の特徴として最も有名なのが、映画全体を通して使われる青。
実は、観る前から色の使い方が特徴的な映画としては知っていたので、最初から注目して観ていたのですが、演出技法として本当におもしろいです。

ざっくり言うと、 青 = 幸せ度 みたいな感じで表現されています。


幸せの象徴「青い鳥」さながら青色は序盤からずっと画面にあり、順調なときは鮮やかに、雲行きが怪しくなると淡くなる、といった具合。
日数が切り替わるときにも背景の色調が変化するなど徹底しています。

鮮やかさが印象的なのはサマーと一晩過ごした後。
ミュージカル映画のように街行く人とダンスするシーンは観ていても幸せな気持ちが伝わってきて素敵です。

青が演出に使われているのも、ここで流石に気付いた人が多いのかな、と思いました。
それほど幸せ度が溢れ、青い鳥のアニメーションまで合成されていたのに笑った。

ちなみに青い鳥のアニメーションを実写と合成するのはディズニー映画「南部の唄」のオマージュだそうです。
スプラッシュマウンテンの元の映画だそうですが……知らなかった。


そして、日数が進むごとに段々と淡くなっていく青。
鮮やかな青を印象付けられているので、この演出が本当に苦しかった。
色の使い方ひとつでここまで観せ方に角度をつけられるってすごいことですね。


最後には、を身に着けたオータムが登場。
ここも含めて、素晴らしい演出でしたね。

“友達”とセックスができるか

青の写真
無粋と承知でちょっと考えてみます。


トムは、サマーに対して恋愛感情を抱いていました。
想いを告白したとき「友達になりましょう」と言われたことには不満を持ちつつ、キスやIKEAデートやセックスで“恋人っぽい”方向には進んでいたので、その時点ではミュージカル映画のようなダンスを踊るほど満足していました。

ただ、そこで停滞してしまったことに不満を抱きます。
“恋人っぽい”を通して、サマーの気持ちも自分に向いてくれることを期待していたトム。

バーで酔っぱらいに絡まれたときも、「こんなやつから見ても僕は”彼氏”なのに」みたいな感覚で不満が爆発してしまったのではないかと思います。
そしてその後、サマーに改めて「友達」と明言されて口論に。


一方のサマーは、「誰かの物になるのは嫌」「真剣に付き合う気はない」「あなたは友達」など自分の気持ちをところどころでハッキリ伝えています。
それもサマーの魅力のひとつですが、トム視点では「友達とハッキリ言っているのにキスをしてくる」のが期待を煽ることになりました。


“友達”とキスやIKEAデートやセックスをすることを良しとするかどうかが意見の分かれるところで、実際にこの映画の感想を見ると「サマーはビッチ」とか言われてることも多いです。
線引きが人によって違うことが人間関係の難しさで、同時におもしろさだと思います。この映画のおもしろさもそこにあるかと。

人それぞれの価値観を考えさせられるこの映画を通して、恋人と話してみるのもおもしろいかも。

まとめ

ひと味違ったラブ・ストーリー(棚の)映画「(500)日のサマー」。
終わった恋を思い出して、また恋がしたくなるかもしれない傑作です。

恋をしていない人、恋をしていてもう一歩踏み込みたいカップルにおすすめの映画です。

(500)日のサマーが好きな人におすすめの映画

ラ・ラ・ランド

観た人の意見が分かれるラブ・ストーリーということで。
私かなり好きな映画です。
ラ・ラ・ランドの写真 映画【ラ・ラ・ランド】批判しない感想 夢のような映画、映画のような夢

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です