批判しない映画感想ブログ【やさしいえいが】

ダニエル・ラドクリフの死体役で話題、映画【スイス・アーミー・マン】考察/感想

こんばんは。
映画「スイス・アーミー・マン」を観ました。


ハリー・ポッター役で有名なダニエル・ラドクリフさんが、まさかの死体役でキャスティングされていることで日本でも少し話題になりました。

観る前から、死体役って何ができるんだ?と興味をそそる本作。
無人島に遭難してしまう主人公ポール・ダノと、死体ラドクリフの2人をメインとして物語が展開します。


今回の記事はネタバレも含みますので、観る前にぜひ本編をご覧ください。

コメディなのか、ドラマなのか。
こんな映画初めて観ました。

ちなみにタイトルのスイス・アーミー・マンですが、サバイバルの必需品・十徳ナイフのことをスイスアーミーナイフと言うそうで、それにかかっています。
死体ラドクリフを駆使して森の中を生きていく様も描かれています。

予告/あらすじ

予告編動画


あらすじ

無人島で助けを求める孤独な青年ハンク(ポール・ダノ)。いくら待てども助けが来ず、絶望の淵で自ら命を絶とうとしたまさにその時、波打ち際に男の死体(ダニエル・ラドクリフ)が流れ着く。
ハンクは、その死体からガスが出ており、浮力を持っていることに気付く。まさかと思ったが、その力は次第に強まり、死体が勢いよく沖へと動きだす。ハンクは意を決し、その死体にまたがるとジェットスキーのように発進!様々な便利機能を持つ死体の名前はメニー。苦境の中、死んだような人生を送ってきたハンクに対し、メニーは自分の記憶を失くし、生きる喜びを知らない。
「生きること」に欠けた者同士、力を合わせることを約束する。果たして2人は無事に、大切な人がいる故郷に帰ることができるのか──!?

感想

おならで爆走するラドクリフがおもしろすぎる

予告以前に、映画のポスターやDVDジャケットに海を爆走するダニエル・ラドクリフが映っています。

これで最後に無人島を脱出する映画だと思っていましたが、まさか冒頭のシーンとは。
しかも思っていた以上の速さで進む死体に思わず笑いました。

シュールな絵面に加えてハリー・ポッターとのギャップ、これだけで中盤までずっとおもしろかった。


この映画、ダニエル・ラドクリフさんの死体役がすごいです。
メイクで雰囲気が出ているのもありますが、生気のない挙動がなんともリアル。

役の幅がありますね。

意外に音楽が良い

監督としては音楽にもこだわりがあったようで、森を抜けるまでのシーンで流れる音楽は全て「体から発せられる音、または自然環境で発せられる音」だけで作られているそうです。


ダノもラドクリフも作中で何度も歌いますが、後ろで流れるBGMも2人の声が使われているそうです。
そもそも歌える俳優としてキャスティングされた2人とのことで、こだわりを感じますね。


非常に耳に心地よく、サバイバルの暗さを和らげてくれます。
結構絶望的な状況に置かれていると思うのですが、この音楽によって、2人の会話に集中することができますね。
サントラほしいな。

死を通して生を見つめる

ラドクリフ演じる死体・メニーは、極限状態の主人公・ハンクが見る幻覚だったのでしょうか。
画面には終盤まで2人しか映らないので、あえてそう見せる演出だったように思います。
後半で、そうではなかったことがわかる。


本編では、生きながら死んだようなハンクと、死にながら生き生きとするメニーが対比的に描かれています。
サラに会いたいという生への欲を持った死体を通して、ハンクも観る側も生きることについて考えさせられます。


おならも、女の子に声をかけるのも、恥ずかしがっていたのでは前に進めないというメッセージに感じました。

まとめ

まとめです。

  • 序盤のコメディがおもしろい。ラドクリフの演技に注目です
  • 音楽が素敵。2人の歌声で世界観にスッと入れる
  • 死体を通して生を見つめ直すヒューマンドラマ

この映画のジャンルはヒューマンドラマです。
ハンクのように日常に疲れ、死んだように生きているときに観ると効くかもしれません。

スイス・アーミー・マンが好きな人におすすめの映画

最高の人生の見つけ方

正直これをおすすめするのが合っているのかどうかわかりません。
なぜならこんな映画初めて観たから。

死と友情というキーワードから選びました。
良い映画です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です